日本人はなぜ英語が苦手

このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本人はなぜ英語が苦手なのか?

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

そもそも日本人はなぜ英語が苦手なのでしょうか?
その理由については世間でもいろいろと言われています。
このネイティブイングリッシュを監修した阿部一氏は、
その理由を次のように語っています。

 

→ 阿部一氏について

 

日本人のなかには中学高校でちゃんと英語を勉強したにもかかわらず
あまりにもたくさんの人が英語に自信を持てずに話せていない現状があるようです。
外国人と話す機会があったとしても、恐縮してしまってうまく英語を話しだそうと
いうふうにならずコミュニケーションが取れない場合が多いのです。

 

日本は島国、鎖国時代を含めあまり外国人とともに過ごす習慣がありませんでした。
日本ではほぼ日本人とだけでコミュニティーが成立してしまい、
外国の文化や習慣に親しもうという考えがなかったのでしょう。
自信あり気に話す外国人を見て、英語で話そうとすることに
自信が持てないでいるのかもしれません。

 

そのため、自分の英語は文法はあっているのか?
表現は間違っていないか?もっと適切な単語があるのじゃないか?など
マチガイを恐れるあまり、完璧に話さなければ英語は通じないと思い込んでいるのです。

 

ある程度学校で英語を勉強してきたならば、
日常会話ぐらいならば、完璧でなくてもなんとか伝わるものです。
その伝える努力を繰り返し行ってこそ、より完璧に近づけるのです。

 

英語がカンペキになってから英語を話すのではなく、
英語を話し続けるから完璧に近づいていくのです。

 

そして、つまづきやすいこととしては、
相手の英語が聞き取れないということ。
相手の行っていることが理解できなければ、会話は成立しません。

 

まず最初に学習していくのならば、ネイティブの英語を聞き慣れることです。
これこそ英語の学習するために必要なポイントなのです。

 

ネイティブイングリッシュは、生の英語が聞ける教材です。
このネイティブイングリッシュを何度も聞いて、まず英語に慣れることが大切ですね。

 

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about