シャドーイング ネイティブイングリッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

瞬間スピーキング

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

英語が話せない理由のひとつとして、頭のなかで考えてしまうクセがあります。
まず最初に英語が慣れていない人は、英語を聞いたときに自分の頭の中でその言葉の文章を思い浮かべます。
そして英語の文法を考えながら、その英語の文章を訳そうとします。
英語を訳し終えたら、それを自分の口から訳した文章を読み上げようとします。

 

当然、英語をネイティブとするひとはそんなことは考えません。
英語圏の幼児が英語をおぼえようとするときにも、そんなことを考えながら英語をおぼえようなんてしません。

 

なので英語は英語のまま、その意味を理解する。
カンタンな単語ならば、それができているはずです。
例えば・・・youという単語。
youという単語を聞けば、わざわざ頭の中で日本語に訳そうとなんてしなくても、
「あなた」という意味だとわかると思います。
でも「Rigidity」と言われ、それが剛性・硬直だなんてカンタンに思い浮かばないかもしれません。
Rigidityってどんな意味だったっけ?と頭の中の単語帳を一生懸命探してみようとするはずです。
単語の意味を知っていたところで、記憶に定着していないと考えて頭の中で訳そうとしてしまいます。

 

頭の中で訳そうとせず、その英語を瞬間的に理解する訓練が必要なのです。
そして瞬時に英語でなんて応えればいいのかわかるようにならなければいけないのです。

 

その訓練ができるのが、ネイティブイングリッシュの瞬間スピーキングなんです。
まず最初に日本語訳が聞こえてきます。そのあと、英語の発音が2度流れます。
最初はスローなスピードで発音され、そのすぐあとに今度は通常スピードで発音されます。

 

こうすることで、英語の意味を、英語で覚えられるようになり、
自分で発音することによって、自然と自分の口が英語に慣れてくるんです。

 

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about