プレイリスト ネイティブイングリッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

1日ごとにプレイリストを作成

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

ネイティブイングリッシュのCDをパソコンにインポートしました。
わたしの場合、iTunesを使っているので、
このiTunesにネイティブイングリッシュ音声が入ったわけです。

 

 

項目が「Day1」というように、日数で分かれています。
ネイティブイングリッシュの、LiteningとSpeakingとナチュラルスピード英語は
すべてDay167までありますから、かなりの量ですね。

 

では、さっそくはじめましょう~!っという前に・・・
あと少し、準備をします。

 

「Day1」でもLiteningとSpeakingとナチュラルスピード英語の3つがあります。
これをまとめて聞けたほうが、英語学習としてはいいですから、
iTunesのプレイリストを日ごとに作成して、聞きやすくします。

 

 

なので、「Day1」には3つの項目が入ります。
順番はLis(Listening)、Sp(Sperking)、Naturalになるようにしておきます。
この3つで、6分27秒になりますね。
1日約6分ぐらいは聞けるようになります。

 

このプレイリストをDay1からDay167まで作ります。

 

 

カンタンな作業ですが、繰り返しの単純作業で
結構疲れてしまいます。集中力がきれてしまいますね。

 

ただ黙々と作業をするよりも、
なにか音楽を聞きながらプレイリストを作るといいかも?
でも、せっかくならば・・・

 

 

せっかくなので、ネイティブイングリッシュのニュアンス解説、
Michael Rivas(マイケル・リーヴァス)のDJトークを聞きながら
プレイリスト作成作業をすると、軽快に楽しくできちゃいますよ。
ここで、カンタンな予習をしておくといいですね。

 

 

 

 

あと、実際にこの作業をしていて気が付いたのですが・・・

 

 

よく見ると「Day14」がありません!
ん~おかしいな~?
Day13の次が、Day15になっていますよね。

 

もっとよく見てみると・・・
Day28、Day42、Day56、Day70、Day84、Day98、
Day112、Day126、Day140、Day154、Day168もありません。

 

どうやら「14」の倍数の日数がないようです。
不思議ですね~?
実はこれにはちゃんとした理由があるんです。

 

 

ネイティブイングリッシュを計画的に勉強しようと、
スケジュールを組んでいくとわかります!

 

 

続きはこちらから!
学習スケジュールを立てる!

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about