電車に関する英会話&英語フレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Day103&104 電車に関する英会話&英語フレーズ

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

海外旅行ではいろんな乗り物に乗ると思います。電車に乗ることもあるのではないでしょうか。
もし座席指定の電車で、自分の席に違う人が座っているとどうすればいいでしょうか。
やはり英語でちゃんと伝えなければならないと思います。
そんな時にスムーズに英語が出るようにネイティブイングリッシュの英会話を使って練習しておくと良いのではないでしょうか。

Sponsored Link

このDay103ではそんな電車に乗ったときのやり取りの英会話が収録されています。
ここでは自分の座席に他の人が座っている人に対してどのように注意を促すかわかると思います。

 

I think this is my seat. ここは私の席だと思います。

 

Well,I'm afraid 8D is supposed to be a window seat.
ええと、8Dは窓側の席のはずだと思うのですが。

 

やはりちゃんと言えるようにしておきたいですね。
ネイティブイングリッシュではこんなフレーズが会話の中にありました。
会話の流れで覚えたほうがイメージしやすいので、ぜひ聞いてみて下さいね。

 

 

本当に海外旅行ではその国のいろんな公共機関の乗り物に乗ることもあると思います。
日本の乗り物とは少し勝手が違うところもあるでしょう。
座席もどこに座ればいいのかわからないことだってあります。
また行き先がどこなのか確認できるようにしておいた方がいいかもしれません。
そんな時はいろいろ英語で尋ねることが必要かもしれません。
いろんなことを尋ねるように英語のフレーズを覚えておくと旅がもっと楽しくなるかもしれません。
日本の電車のように停車した駅の名前をいちいちアナウンスしてくれるとは限りませんよね。
一体どこの駅なのか尋ねることもあるでしょう。また行き先まで何駅先なのか聞かなければいけないこともあると思います。
電車などの乗り物に乗ると、結構英語でコミュニケーションをとることがあるかもしれません。
それも旅行の楽しみだと思いますのでいろんな英語のフレーズを話せるようにしておきたいですね。

 

Would you mind if I sit here?  ここに座ってもよろしいですか?
ちょっと席が空いていれば聞きたくなりますよね。
黙って座るよりも、隣に座っている人に一応尋ねたほうがいいですよね。
もし返答でNo,go ahead.と言われたら、それは「どうぞ」という意味ですね。
ネイティブイングリッシュにそんな説明も書いてありますから、テキストを見ておきましょうね。

 

 

できるようになったこと Day103・104

 

海外で電車に乗るときに知っておいたほうが

 

いい英語のフレーズを話せるようになった!

 

 

続きはこちらから!
Day105 Newspaper 上野東京ライン開通

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

Day105 Newspaper 上野東京ライン開通

 

今回は2週間に1度のArticle記事の回ですね。もうこれで何回目
でしょうか?今回はNewspaper新聞の記事になります。テーマは
上野東京ライン開通となります。これもリアルな…

 

 

 

 

電車のチケットを買うときの英語を教えて!|Day106・107

 

日本ならば電車に乗るとき、チケットを買う場合はほとんど場合
自動販売機で買うのではないでしょうか。多くの人が自動販売機
でチケットを買いますが、ここ最近はSuicaなどのカード…

 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about