英語 gotta

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Day24 別れ際の会話

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

gottaを使った英語を教えて!|Day24

 

 

人と会って話をしているのならば、いつかはお別れするタイミングが来てしまいます。
スムーズにお別れするように上手に話をしていかなければいけませんよね。
Day24では、そういう別れ際の場合の会話が収録されています。

Sponsored Link

Day24の会話は、時間を確認して、別の約束へ向かうためにさよならする内容の
会話になっています。こういう別れ方は結構ありうる会話のひとつですよね。
自分でもちゃんと話ができるようになるために、この会話をちゃんと覚えていこうと思います。

 

よく使うフレーズが紹介されています。
Oh,I gotta go. ああ、もう行かなきゃ。
というフレーズです。
この"gotta"は、"go to"もしくは"have go to"の省略形で、「~しなきゃ」という意味です。
こういう省略形の言葉は、英語の教科書やテキストには全く出ていないものもありますよね。
こんなによく使われる言葉なのに、ぜんぜん表示や説明さえもない英語教材って、
ホントに信じられません。なんのための英語学習なんでしょうか?

 

ネイティブイングリッシュのように、こういうよく使う言葉で学習してこそ、
ホントに日本人が英語をちゃんと話せるようになるんだと思うんですけどね。

 

ネイティブの人と話す言葉と、英語を話せるようになるために学習する教材の言葉の間に
違いがあるとなると、それは教材の意味がありません。
ネイティブイングリッシュのような、生きた英語で学習しないと、
本当に英語はいつまでたっても話せないじゃないかと思いませんか?

 

 

 

できるようになったこと Day24

 

 

”go to”の短縮形、”gotta”を使って

 

”I gotta go.” 「もう行かなきゃ」

 

って言えるようになった!

 

 

 

 

 

続きはこちらから!
Day25 別れ際のフレーズ

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


関連記事

英語で「じゃあ、行くね」を教えて!|Day25

 

Day24では、別れ際の会話を学習していきましたが、このDay25
では、他にも使われる表現のフレーズがいくつか紹介されています。
このフレーズたちを覚えていくことで、会話にも幅ができ…

 

 

 

 

英語で「そろそろ行かなきゃ」を教えて!|Day26

 

Day24でも別れ際の会話が紹介されていましたが、
このDay26でも、別れ際のあいさつの会話となります。
Day24の会話では、ボブとスターウォーズを映画界に見に…

 

 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about