英語 誘いを断る

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Day40 誘いを断る会話

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

誘いを断る場合、英語でなんて言えばいいですか?|Day40

 

お誘いがあったとしても、必ずしもいいお誘いばかりとは限りませんよね。
もしくは、体調が悪かったり、そういう気分じゃないときっていう場合も
あったりしますよね。そういうときはそんなお誘いを断らなければなりません。
あるいは、せっかく誘っても断られてしまうことだってありますね。

Sponsored Link

 

このDay40のレッスンでは、誘いを断る会話が収録されています。
そういう断るケースに備えて、ちゃんと英語の会話を理解しておきたいですよね。

 

Sorry,I'm not in the mood. ごめん、そういう気分じゃないんだ。

 

こういう断り方ってありますよね。自分の気持ちを素直に表現した言い方ですよね。
このmoodっていうのは、「気分・機嫌」という意味ですね。
よく「戦闘モード」なんて日本語でも言いますよね。このmoodという単語を使う場合は、
だいたい"in the mood"というセットで使うケースが多いんじゃないでしょうか。
しっかりとこのカタチを覚えておこうと思います。

 

 

お誘いを断ると、なんか気まずくなりますよね。そんなときはフォローがしておいた
ほうがいいんじゃないでしょうか?この会話のなかでもフォローをしてますよ。

 

I don't mean to make you feel bad. 君の気分を悪くさせるつもりはないんだ。

 

フォローしなきゃって焦って何を言ったらいいのか、パニクってしまうことが
あるかもしれません。そういうときはこのフレーズをちゃんと覚えておいて、
フォローしつつも、ちゃんと理由を言えるようにしておかないといけませんよね。

 

ネイティブイングリッシュの会話から、いろんなケースを想定しておいて、
自分の言葉としてフレーズを考えておくようにしようと思います。
でも、まずはこの会話を完璧に覚えておくようにしますね。

 

 

できるようになったこと Day40

 

 

飲み会に行く気分ではない時に…

 

”Sorry,I'm not in the mood for drink.”

 

と断れるようになった!

 

 

 

続きはこちらから!
Day41 誘いを断るフレーズ

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


関連記事

丁寧に誘いを断る場合、英語でなんて言えばいい?|Day41

 

せっかくをお誘いを断らなければならない場合、その返答の
仕方に少し困ったりしませんでしょうか?断るけど今度また
誘ってほしかったり、なるべく相手の機嫌を損なわ…

 

 

 

 

Day42 ニュアンス解説5&6週

 

Day42は2週間おきにあるニュアンス解説です。
この回は、FMラジオのような軽快な英語のニュアンスにまつわる
ことを楽しく聞いていればいいですよね。あまり真剣な…

 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about