英語 入国審査や入国手続き

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Day96&97 入国手続きの英会話&英語フレーズ

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

海外旅行に行った時に入国手続きをするのですが入国審査官からいろんな質問をされます。
スムーズに入国手続きができるように、そういう時に備えて英語のフレーズを覚えておけば大丈夫だと思います。

Sponsored Link

この英語教材のネイティブイングリッシュならば、入国手続きのとき入国審査官とのやりとりがどんなものなのか
わかるような英会話が、そしてどんな質問があるのかわかりどのように答えればいいのかわかるようなの英語フレーズが
収録されています。練習するにはちょうど良い教材になるのではないでしょうか。

 

またネイティブイングリッシュのテキストにもさらに詳しく説明が書いてありますので、
手荷物として飛行機の中にこのテキストを持ち込んで、直前に確認しておくと便利ではないでしょうか。
テキスト自体の大きさも約13×18cmぐらいのものですから、かさばらず持ちやすいですよ。
内容も難しい表現はなく、簡単に話せるようなものになっています。

 

 

入国手続きの流れをイメージしながら読んでいけばカンタンに覚えられそうなものです。
あとは自分自身に関する職業などの単語は事前に調べておく必要がありますね。

 

また、このネイティブイングリッシュでは実際にネイティブが話すような会話やフレーズとなっていますので、
自然な言い方ができ、後々使えるフレーズでもあります。単語の置き換えなど応用も効きやすいので、
自分の言葉として英語が身につくようになるのではないでしょうか。

 

What is the purpose of your visit? 旅行の目的は何ですか?

 

I'm here for sightseeing. 観光です。

 

これはまず必ず尋ねられる質問ですよね。しっかり覚えておきたいですよね。
返答については単純に、For sightseeing.だけでも大丈夫ですね。
仕事だったら、For business. そしてJust to transit.トランジットですという場合もあるでしょう。
ネイティブイングリッシュのテキストに説明がありますから、ぜひ見てみて下さいね。

 

できるようになったこと Day96・97

 

入国審査のとき、英語でどんなことを聞かれ、

 

どうやって応えればいいかわかった!

 

 

 

続きはこちらから!
Day98 ニュアンス解説13&14週

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

 

関連記事

空港・飛行機での英語の学習!|Day98

 

このDay98は待ちに待った楽しみのニュアンス解説の回になります。
少し寝起きでボーっとした気持ちで聞こうと思い、いざ聞き出し
始めると…とても元気な声でマイケルが話し始め…

 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about