仕事の残業を英語で言うと?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ビジネスDay18

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

ビジネスマンが会社の中ではいろんなことをしていると思います。
パソコンでのメールチェック、取引関係先との電話などの連絡・確認、社内での会議、
でもほとんどの場合は何かの作業をしていると思います。資料作成などが多いのでは
ないでしょうか。

Sponsored Link

残業についての英語例文

その資料作成はプレゼン用であったり、会議資料であったり、販売
目的の資料や顧客資料をまとめたりすることもありますよね。

 

 

会社や部署によっても事務作業の内容や資料作成は異なってくると思いますが、
でも大抵ほとんどのビジネスマンは何かしら、資料を作成したりなどの事務作業に
時間を費やしているのだと思います。そしてその事務作業は毎日一定の作業量とは
限らなく、ときには膨大な量の資料を作成しなければならないときだってあります。
そうすると残業をすることもあるでしょうね。

 

Are you working overtime tonight?
今日は残業ですか?

 

こういうようなフレーズを使うこともあるでしょうね。
ちなみに「残業する」とこは、"work overtime"と言うんですね。
日本の企業のほとんどはこの残業をしているのではないでしょうか。
企業としても、残業するぐらいに働いてもらい業績をアップさせたいでしょうし、
社員としても、残業をしないと通常の給与だけでは大変ということもあるでしょう。
お互いのために、この残業が成り立っているのでしょうね。
でも本来ならば、残業せずとも給与額が高く、プライベートの時間がたくさんあったほうが
消費も増え日本経済は潤滑になるかもしれません。
結局日本人は仕事をしていることが好きなだけかもしれませんね。
ネイティブイングリッシュで客観的に聞いてみると、なんだかそう感じてしまいますね。

 

 

 

続きはこちらから!
ビジネスDay19

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about