価格交渉するときの英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ビジネスDay25

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

 

挨拶などの日常英会話をある程度理解できたとしても、より細かな内容の英語を理解することは
少し大変かもしれません。挨拶程度の英語ならば、英語の教科書や参考書を本屋さんで見れば
すぐにわかります。インターネットを使って検索すれば簡単に英語の挨拶なんかは見つかるでしょうね。
ではこんな英語の表現ならばどうでしょうか?

Sponsored Link

 

 

価格交渉するときの英語例文

 

500 yen, but if you order 100 pieces or more, we can offer a 5% discount.
500円ですが、100個以上のご購入の場合は5%割引ができます。

 

数字を含んだ表現の英語だと、少し理解しづらいかもしれませんよね。
聞くだけならば理解できても、同じような内容を英語で表現してみてくださいと言われると
どう言っていいのかよくわからないかもしれません。
数%の割引だとか、購入数の条件があったりとか、送料が含まれているかどうか、もしくは
送料が無料になる条件に、どのくらいで発送して届くかなど、少し複雑な英語もありますよね。

 

 

しかしこの少し複雑な英語も、商品を購入したり、販売をしたりする立場となれば、
普通に生活をしていて理解できなければならない英語なのです。
英語で挨拶はできたとしても、こういった商品を購入したり、または販売したりする表現が
できなければ、子供といっしょです。

聞きなれない馴染みのない英語やそういった表現だと理解に時間がかかるかもしれません。
でもこの英語の表現は英語教材のネイティブイングリッシュのビジネス版に収録されている
英会話のフレーズなのです。こういった英語も繰り返し聞くことで、How are you?というような
英語の挨拶と同じように慣れればカンタンに理解できますし、話すことだってできるんです。

 

英語教材のネイティブイングリッシュの音声を繰り返し聞いていれば、自然とややこしいと
思われるような英語の表現も身についていきます。英語のカンタンな挨拶がスラリと口から
言えるように、慣れてしまえば数字を含んだややこしいと思われる英語表現もカンタンに
話せるようになるんです。そうなんです、慣れてしまえばいいんです。
ネイティブイングリッシュは音声の英会話なので繰り返し何度でも聞けますから、
そういったこともカンタンに学習できてしまうんですよね。

 

 

 

続きはこちらから!
ビジネスDay26

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about