商談の時に使う英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ビジネスDay26

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

日本の学校で学習してきた英語だけだと、なかなか実際の生活で英語だけを使うことは
ちょっと大変かもしれません。いくら学校でたくさん英語を勉強したところで、
実際の生活で使うような英語を聞いたり話したりしたことがなければ、聞いても理解できなかったり
自分から話せなかったりしてしまいます。これはしょうがないかもしれませんね。

Sponsored Link

ビジネス英語にしても同じようなことが言えると思います。会社のなかでよく使われる英単語が
あります。学校の授業では使わないかもしれませんし、使ったとしてもテスト問題に出たぐらいで
リアリティのないまま使った英語の単語ならばすぐに忘れてしまうかもしれません。

 

会社のなかで英語を聞いたり話したりできるようになるためには、そういった環境で使われる
英単語や英語の表現に慣れ親しんでおく必要があります。そうすればもっと英語をカンタンに
身につけることができるんです。ではこういうような英単語はどうでしょう?

 

 

  • sign サインをする
  • contract 契約書
  • authority 権限・権威
  • final decision 最終決定
  • cover 取り扱う・取り上げる

 

 

これらの英単語は英語教材のネイティブイングリッシュのビジネス版、Day26のビジネス英会話の
なかで使われる英単語です。ひとつひとつの英単語は勉強してある程度理解しているかもしれません。
そして忘れてしまっている英単語や異なる意味で覚えている英単語があるかもしれません。

 

ネイティブイングリッシュの英会話ならば、ビジネスでよく交わされる英会話をストーリーとして
覚えてしまえば、これらの英単語もカンタンに自然を理解できてしまいます。
単語帳を見ながらひとつひとつの英単語を覚えることも悪くはありませんが、できれば実際に
今後自分が英語を話す時に使えるように英単語を身につけておきたいですよね。
ネイティブイングリッシュならば音声を繰り返して聞くことで、これらの英単語だけでなく、
よく交わされる英語の表現だっていっしょに覚えてしまうことができますよね。
そのほうがもっとカンタンに英語を身につけれると思うんですよね。

 

 

 

続きはこちらから!
ビジネスDay27

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about