クレームの電話対応の英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ビジネスDay27

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

会社内で英語を話すことが、今後はもっと増えてくるかもしれません。
ビジネスにおいては、日本語はあいまいな表現が多いため言語としては効率が良いとは言えません。
「前向きに検討します」とか「善処します」など、果たして言葉通りの意味として
受け止めてよいのかどうかはわかりません。

Sponsored Link

クレームの電話対応の英語

 

その点英語のほうが、率直に意見が伝えられてわかりやすく、仕事の効率も良いかもしれません。
会社同士での確認についても同じようなことが言えると思います。

 

 

We received the wrong quatity of goods.
届いた商品の数が間違っています。

 

 

英語ならば発注に対する間違いなどがあったとしてもストレートに尋ねることができます。
日本語の場合だとそうはいきません。「申し訳ないのですが~」とか
「もしかしたらこちらの発注ミスかもしれませんが~」などといった言葉をつけてしまうのが
相手に対しての礼儀となり、それが慣習化してしまいいつのまにかまどろっこしい表現を
することが当然のようになってしまいっている現状があります。

 

英語でも「申し訳ないのですが…」という表現は当然ありますが、しかし率直に伝えることを
重要視しています。日本語の場合は率直に伝えることよりも気遣うほうを重要としてしまいます。
ときにはいいのですが、日常化してしまうと、スピードの欠如や伝えたいことが伝わらないなど
仕事をしているというよりも、言葉遊びをしてしまっているようになってしまいます。

 

ネイティブイングリッシュの英会話音声を聞いて、ビジネスでの英会話の内容を聞きながら
そういった素直な表現を自分に取り入れることに役立ちそうですよ。

 

 

 

続きはこちらから!
ビジネスDay28

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about