「合計」という意味のtotalとsum 違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「合計」という意味のtotalとsum、違いを教えて!|英単語Day114

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回学習します英単語は、こちらの”total”です。
カタカナ英語で「トータル」といえば、日本語でも普通に使いますよね。
英語ではどのように使われるのか確認しておきます。

 

Sponsored Link

 

 

まずは英会話教材ネイティブイングリッシュDay114「ミュージカルのチケット購入」の
フレーズ集のなかに、次のようなフレーズがあります。

 

Your total will be $900.
合計で900ドルです。

 

1枚300ドルのチケットを3枚購入して、その合計の金額を請求されるときに言われるフレーズですね。
この例文では”total”は「合計」という意味になっています。
これはだいたい予想通りの意味と使い方で間違いなさそうですね。

 

 

ところで、パソコンなどでExcelの表計算ソフトを使っていて思ったことがあります。
セルに入力された合計を算出するときに関数を使いますが、そのときは”sum関数”を使います。
これは、それぞれのセルを数値を足した合計の数字を表示してくれる便利な関数です。
でも…なぜ”total”じゃないんだろう?そもそも”sum”って何?
そんな疑問を抱いたことはないでしょうか?

 

 

「合計」を意味する英単語

  • total
  • sum

 

この2つの英単語に違いはあるのでしょうか?

 

 

total
こちらのtotalは、「総計」「全体の」「総計する」
【名詞】【動詞】【形容詞】として使われます。
「ぜんぶをひっくるたもの」という意味になるのです。

 

 

sum
こちらのsumは、「合計」「総数」「全体」
【名詞】【動詞】として使われます。
「全ての合計」という意味もありますが、sumは「ある範囲の合計」として使われます。
果物全体のなかにあるリンゴだけの合計だったり、小学校全生徒の中の1年生だけの合計人数など
全体のなかの一部を指定した小計としても使われます。

 

なんとなくイメージはわかりましたでしょうか?
似たような単語にも違いはあるんですね。

 

 

【まとめ】

 

・total = 総合計

 

・sum = 合計(小計の場合もあり)

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

full houseってどういう意味なのか教えて!|英単語Day115
トランプゲームでポーカーの役にフルハウスというのがあります。
英語だと”full house”ですよね。
これって、そもそもどんな意味があるのでしょうか?…

 

 

 

 

 

crowdedとbusyの「混雑した」状態の違いと意味を教えて!|英単語Day116
「混雑した」という意味の英単語にはcrowdedとbusyがあります。
この使い分けはどのようにすればいいのでしょうか?
混雑具合に違いなんてあるのでしょうか?…

 

 

 

 

 

hypeやhypedというスラング単語の意味や使い方を教えて!|英単語Day117
”hyped”という英単語は辞書に載っていないかも?
一種のスラングの言葉なんですね。
しかしネイティブ達はよく使う…どんな意味なんでしょう?…

 

 

 

 

 

fanは熱心な愛好家?扇風機?サーキュレーターとの違いも教えて!|英単語Day118
fanは、スポーツなどの熱心な愛好家という意味の「ファン」です。
また扇風機という意味でもあります。
circulator(サーキュレーター)は、「循環させるもの」という意味…

 

 

 

 

 

marathonマラソン、joggingジョギング、runningランニングの違いを教えて!|英単語Day119
マラソンは英語でもmarathonですね。
ジョギングやランニングも英語だとそのまま、joggingやrunning
そもそもこれらの違いは何でしょうか?…

 

 

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about