matterとthingの意味の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

matterとthingの意味の違いを教えて!|英単語Day167

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回学習します英単語は、matterです。
カンタンそうな英単語ですが、意味ともなればうまく説明できない場合もあります。
私のように忘れてしまっていたり、理解に自信がないようでしたら、
どのような使い方で、どういう意味なのかもう一度学習しておきましょう。

 

Sponsored Link

 

 

例文を参考に見てみようと思います。英会話教材ネイティブイングリッシュDay167「財布が見つかった」
のフレーズ集の中には次のような文章があります。

 

What's the matter with you?
どうしたの?

 

ここでmatterが使われていますよね。
このWhat's the matter?というフレーズはよく聞く言葉ですよね。
一度は聞いたことがあると思います。

 

matter = 事、問題、事柄

 

こういった意味になりますね。
thingという英単語も似たような意味になりますよね。

 

matterはおもに「事」、thingはおもに「物」という意味になりますね。
matterとthing、それぞれにいろいろな使われ方がされます。

 

 

  • solid matter 固体
  • a deplorable matter 残念な事
  • a trifling matter 些細な事

 

  • living thing 生物
  • necessary thing 必要なもの
  • ugly thing みにくいもの

 

 

matterとthingの明確な意味の違いは、いろいろと調べてみましたが
上手く説明できそうにありません。
違いは理屈で覚えるのではなく、実際の使われている言葉を覚えながら
身につけたほうが良さそうです。

 

 

【まとめ】

 

・matter = 事、問題、事柄

 

・thing = 物、物体、事物

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about