商品・製品はproduct、goods、merchandise、commodity 意味と違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

商品・製品はproduct?goods?merchandise?commodity?意味と違いを教えて!

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回学習します英単語は、productです。
カタカナ英語だと「プロダクト」ですね。これでも十分意味は通じますよね。
念のためこのproductについて学習しておきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

英会話教材ネイティブイングリッシュのビジネス版Day2「電話でアポイントを取る」の
中に次のようなproductが含まれた例文がありました。

 

I'd like to come to your office and explain our new product.
我々の新製品の説明に、御社へ伺いたいと思っています。

 

このように、new productで「新製品」と訳されています。
なのでproductは「製品」という意味ですね。
これはビジネス英語や商売に関わる英語ではよく使われる単語ですよね。

 

 

では、次の英単語の違いはわかりますでしょうか?

 

【商品という意味の英語】

  • product
  • goods
  • merchandise
  • commodity

 

 

product
このproductは、「製品」という意味です。
「商品」という意味でもありますが、製造側・販売側の立場から見た商品になります。

 

 

goods
このgoodsは、「商品」という意味です。
productとは逆の立場の購入者側の視点から見た商品ということになります。

 

 

merchandise
このmerchandiseは、「商品」という意味になります。
しかし製造したものという概念ではなく、「流通しているもの商品」「小売販売品」など
おもに売買取引される商品という意味合いが強くなります。

 

 

commodity
このcommodityとは、「農作物」「鉱業産物」「日用品」という意味の商品になります。
原材料やそれから加工されたもので専門の取引所で扱われる商品になります。

 

 

【まとめ】

 

product = 製造・販売者側から見た「製品」

 

goods = 消費者側から見た「商品」

 

merchandise = 取引される「商品」

 

commodity = 原材料がもとなる取引所で扱うような「商品」

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

ハードスケジュールは英語でhard scheduleではなく、tight scheduleになる!
ハードスケジュールという言葉、これはカタカナ英語です。
hard scheduleという表現はほとんどつかわれません。
一般的にはtight scheduleになります

 

 

 

 

 

「会議」という意味のmeetingとconferenceの違いを教えて!
「会議」を英語でいうとmeetingになります。
これは日本語の「ミーティング」そのものですが、ほかにも
conferenceという言い方もあります。違いはなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

電話番号や注文の確認で繰り返すとき、英語でなんて言えばいいか教えて!
会社などだと、聞いた電話番号に聞き間違いがないかどうか、
確認のため聞き直したりしますよね。レストランでも注文を
繰り返して確認したりしますよね。英語では何て言えばいいの?

 

 

 

 

 

「ご迷惑をかけて…」は英語でなんて言えばいいのか教えて!
お客様相手ならば、よく「ご迷惑をおかけし申し訳ございません」と
伝えることがあると思います。英語でなんて言えばいいのでしょうか?
I'm sorryだけじゃなく、ちゃんと伝えたいですよね…

 

 

 

 

 

 

「予約」「約束」という意味のappointmentとreservationの違いを教えて!
「予約」「約束」という意味の英語は何になるでしょうか?
appointment「アポイントメント」でしょうか?それとも
reservation「リザベーション」ですか?

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about