お時間いただけますか 英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「お時間いただけますか」は英語で何て言えばいいか教えて!

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

 

会社の中で、風通しのいい社風であれば、
社員同士の会話や交流も盛んになり、
いろいろと意思疎通でき、より活発となりますよね。

 

そんな憧れるような会社の中では、
社員同士、いろんな声のかけ方があると思います。
たとえば、「お時間いただけますか」と言う言葉。
これって英語だと何て言えばいいんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

 

「お時間いただけますか」の英語を学習してみたいと思います。
まずは参考になるような例文を見てみますね。
英会話教材ネイティブイングリッシュのビジネス版Day19「上司に話しかける」の
中には、次のような例文が収録されていました。

 

Excuse me,but could I have about ten minutes of your time?
恐れ入りますが、10分ほどお時間いただけますか?

 

このように、10分という時間を指定して、
時間を取ってもらう場合には、このような表現をします。

 

 

一般的に時間を取ってもらう場合、
英語ではいろんな表現があると思います。

 

Do you have time right now?

  • お時間をいただけますか?

 

Got a few minutes?

  • お時間をいただけますか?

 

You got a second?

  • ちょっといい?

 

I need you for a minute.

  • お時間をいただけますか?

 

 

いろんな表現があります。

 

 

【まとめ】

 

・10分ほどお時間いただけますか?

 

 Could I have about ten minutes of your time?

 

 

 

「お時間いただけますか?」という文章を覚えればいいのですが、
あなたはどうやって覚えていますか?

 

 

私は覚えても、こういう言葉はすぐに忘れてしまっていました。
テキストを見て、さらにノートに自分で書いてみたりしていたんです。

 

穴埋め問題や和訳のテストなどでは、実力を発揮できましたが、
とてもじゃないですが、英語で話すことなんてできませんでした。
そして、テストや問題を何年もしなければ、当然すっかり忘れてしまうんです。

 

 

しかし、最近こういったフレーズが話せるようになりました!
音声英会話を耳で聞いているんです。
そして、一人の時はその聞いた音声を自分の口から発音しているんです。

 

私の場合、発音のリズムを大切にしています。
発音も重要ですが、言葉のリズムで覚えているんですね。
何度も何度も聞いて、そしてまた日数をおいてまた聞き直す。
その都度自分で発音する…この繰り返しで、
ちゃんと覚えて話せるようになるんです。

 

慣れれば、読んだり書いたりするより、ラクだと思うんですけどね。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

「企画書」って英語で何て言えばいいか教えて!
社会人として、会社でよく見る「企画書」
英語では一体何て言えばいいのでしょうか?
例文を参考にしながら学習してみます

 

 

 

 

 

「販売促進」って英語だと何て言えばいいか教えて?
ビジネスにおいて会社において重要な「販売促進」
この「販売促進」は英語で何て言えばいいんでしょう
またその派生語についても学習してみます

 

 

 

 

 

「数字」って英語で何て言うのか教えて!
学校では、国語、算数、理科など授業が分かれています
英語の授業もありますが、英語って言語ですよね。
算数の「数字」という英語、わかりますか?

 

 

 

 

 

「修正する」の意味のcorrect,revise,modifyの違いを教えて!
「修正する」という意味の英単語がいくつかあります。
correct,revise,modifyなどがあり、ニュアンスが異なります。
違いを理解して学習してみましょう

 

 

 

 

 

「よく考えられた」は英語で「a well thought-out」という意味だと初めて知りました!
「よく考えられた」を英語でなんていうかわかりますか?
それっぽい英語の表現は思いつきますが、どれもヘンです。
a well thought-outを知らないと思いつきませんよね。


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about