my friend a friend of mine 意味 違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「my friend」と「a friend of mine」の意味と使い方の違いを教えて!

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回学習します英語は、「my friend」と「a friend of mine」です。

 

英語で「私の友だち」という場合は、
「my friend」とすればいいんだと思っていました。

 

でも、音声英会話教材を聞いていると、ネイティブが
「私の友だち」のことを、「my friend」と言わず、
他の表現で話をしていたんです。

 

Sponsored Link

 

 

その内容というのが次のようなものでした。
英会話教材ネイティブイングリッシュのビジネス版Day16「週末の予定~」には
このような「私の友だち」という英語の表現だったんです。

 

A friend of mine took me to a new bar nearby.
友人が近くの新しいバーに連れて行ってくれたんです。

 

このように、この英会話教材の会話の中では
「my friend」と言わず、「a friend of mine」と言っていたのです。

 

ここではなぜ、「my friend」ではなく、
「a friend of mine」と言っているのでしょうか?

 

 

「my friend」と「a friend of mine」に微妙なニュアンスの違いがあります。

 

 

この英語教材でのこの会話…
A friend of mine took me to a new bar nearby.
この中では「a friend of mine」と言っています。
さらに会話の続きを見てみると、どうやら…
この友人についての詳しい説明は今後の会話の中には出てきませんでした。
新しいバーについての話題になっています。

 

結局、「a friend of mine」が誰なのかはわからず、
その友人についてさらに掘り下げることもしていません。
そこから「a friend of mine」についてはある特長が見えてきます。

 

「a friend of mine」の場合

  • その友人が誰なのか特定されていない
  • この友人の人物像についての話題ではない
  • 「私の友だち」の誰かであり、誰なのかは重要でない
  • 私の友だちのなかの、あるひとりの友だちというニュアンス

 

「a friend of mine」には以上のような意味合い・ニュアンスがあるのです。

 

 

対して「my friend」は、もっと広い意味で使われます。

 

「my friend」の場合
「a friend of mine」よりは「my friend」のより親しみを感じますが
そんなややこしい考え方はせずに、いろんな場面で「my friend」が使われます。
「my friend」は一般的な言い方であって、
あまり「a friend of mine」と対比して考えないほうがいいと思います。

 

 

【まとめ】

 

「a friend of mine」の特徴

 

・誰なのか特定されない場合が多い
・誰なのかは重要でない
・話題は、友人の人物像でない場合が多い
・友達の中の、あるひとりの友達というニュアンス

 

 

以上のような「a friend of mine」の特徴があります。
いろいろ理屈っぽく書きましたが、
英語教師や学者でない限り、そんな説明はあまり重要ではありません。

 

「ボクの友達」と「あるひとりの私の友人」という日本語の表現を
理屈っぽく論理的に違いをウダウダ説明する日本人っていませんよね。
そんな違いの説明なんかは、どうでもいいんです!

 

日本語を話す時に、適切な言葉を使い分ければいいワケです。
イチイチ違いを考えるなんてことはしません。

 

会話でうまく適切な言葉を使えるかどうかは、
論理的な証明を頭の中で整理できていることではなく、
単純に「日本語に慣れている」かどうかだけなんですよね。

 

 

なので…、英語がうまく話せるかどうかは、
「a friend of mine」の使い方を論理的に理解していることではなく、
英語の会話に慣れているかどうかなんですよね。

 

 

フツウに英語が話せるようになりたいのであれば、
じゃんじゃん英語をたくさん聞くこと、
そして自分からどんどん発音してみることなんです。

 

私には外国人や英語を話せる友達がいませんので、
ネイティブの音声英会話教材をスマホに入れて、
スキマ時間があれば、ネイティブの発音・会話を聞き、
周囲に誰もいなければ、声に出して発音しています。

 

これで十分英語には慣れるんです。
ちょっとずつではありますが、英語が聞き取れるようになり、
自分で英語のフレーズを口ずさんだり、できるようになるんです。

 

英語が話せるようになるってことは、
英語を勉強することじゃないんですね。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

「a while ago」という英語、どのくらい前なの?意味やニュアンスを教えて!
「a while ago」は「先ほど」「しばらく前」という意味です。
でもどのくらい前なんでしょう?数分?数十分?
「a while ago」の時間と意味やニュアンスを調べてみました。

 

 

 

 

 

「大変ですね」は英語でThat's tough. 他との違いや意味をもっと教えて!
「それは大変ですね」という場合は英語で…
That's tough.というようですね。
他にも言い方はありますが、その種類と違いを教えて!

 

 

 

 

 

「give me a hand」と「help me」、手伝う・助けるの意味と違いを教えて!
「手伝う」という意味の英語と言えば、「help」です
しかし「手伝う」という英語は、helpだけではありません
手伝う・助けるという英語はいろいろあります

 

 

 

 

 

「何から始める」は英語で何て言えばいいのか教えて!
「何から始める」は英語で何て言えばいいんでしょう?
ネットで調べてみても、方法の説明だけであって、
適切な「何から始める」の英訳を見つけられません

 

 

 

 

 

double-checkは「再確認する」という意味、もっと詳しく教えて!
double-checkは日本語だと「ダブルチェック」となり、
普通に日本でも意味は通じますよね。
double-checkはどんな意味で使われるのでしょうか?


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about