should had better 意味

このエントリーをはてなブックマークに追加   

shouldとhad betterどっち?英語で「傘を持って行った方がいい」を言うのなら?

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回気になった英語は、「傘を持って行った方がいい」についてです。

 

あなたは今までに親や家族から、こんなこと言われませんでした?
「きょうは雨が降るから、傘持ってったほうがいいよ」って。
もしくは、誰かに言ったことがあるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

 

この「傘を持っていったほうがいい」って言葉、
英語では何て言えばいいんでしょうか?
ネイティブが交わす会話の中から学習してみようと思います。
音声英会話教材ネイティブイングリッシュのDay19「気候」では
次のような会話文がありました。

 

You'd better take your umbrella with you whenever you go out.
出かけるときはいつも傘を持っていったほうがいいよ。

 

このような言い方をすればいいんですね。

 

 

「You had」は何の略なの?

「You'd」の短縮形は次の2つの種類があります。

  • You would
  • You had

このどちらかになります。
よくどちらかにカンチガイしてしまうケースがありますので
注意しておかないといけませんよね。

 

「You'd better」は、「You had better」の短縮形です。

 

 

 

「had better」の「~したほうがいい」は、shouldじゃダメなの?

had betterとshouldには似たような意味があります。

 

【一般的に思われている意味違い】

  • had better 「~したほうがいい」
  • should   「~すべき」

 

このような訳しかたになりますが、それぞれのニュアンスが違ってます。

 

「had better」は「~したほうがいい」と訳されることが多いようです。
しかし「~しなければ大変なことになる」と言う意味が含まれています。
ですから「had better」は「マジやばいから~しときな!」という意味です。

 

shouldは「~するべき」「~したほうがいい」と訳されます。
しなかった場合のニュアンスはありません。
shouldは提案したり助言する場合もあれば、本来あるべき状態への義務、
相手がするべき行動に対しての後悔への気持ちの表現に使われます。
このようにshouldは「~したほうばいい」という意味であっても、
広く様々なニュアンスを含めた場合の表現になります。

 

 

【ニュアンスを含めた意味の違い】
・had better = したほうがいい(しなきゃヤバイ!)
・should = したほうがいい(やわらかい提案も含む)

 

 

 

【まとめ】

 

「傘を持って行った方がいい」を英語で言うならば

 

・丁寧にオススメ的に言うならば「should」
 You should take your umbrella.
 「傘持っていったほうがいいよ」

 

 

・雨に濡れると大変だからという意味ならば「had better」
 You'd better take your umbrella. 
 「傘持っていかなきゃヤバイって!」

 

 

 

英語を勉強している人は、shouldとhad betterの違いを
頭の中で考えて整理して覚えようとしてるんじゃないでしょうか?
学校の英語の勉強やテストのため勉強ならば、そうなってしまいます…

 

でも英語を話すネイティブは、そんな違いをイチイチ考えていません。
shouldとhad betterの違いを上手く説明できない人もたくさんいます。
何ででしょう?
それは英語を言葉として感覚的に使っているから…
そう、英語に慣れているだけなんです。

 

英語が話せるようになりたい!という人はあまり理論ぽく
理解しようとしなくていいんです。時間がもったいないから。
英語を話せるようになりたいならば、ただ英語に慣れればいいんです。
だって英語を話せる人のほとんどが、そうだからです。

 

私は英語に対しての学習方法を変更しました。
テストのための勉強はもうしません。英語を話せるようになるために
貴重な時間を使うことにしました。
することは単純です、ただただ英語の会話を聞くこと。
飽きるくらい聞いた英語の会話を今度は聞こえたとおり発音してみること。
これの繰り返しです~

 

すると、英語のだんだん慣れてきて、よく使う英語の表現もわかります。
英語で考えるようになり、自然と口から言葉がでてくるんです。
英語のテスト勉強と、英語を話すための練習はぜんぜん違うんですね。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

when?それともwhenever?「出かける時」の英語はどっち?意味の違いは?
よく「出かけるとき…」という言葉を使います。
英語では何て言えばいいでしょうか?
when?それともwhenever?意味の違いはわかりますか

 

 

 

 

 

この「last」の意味は?「How long does it last?(どのくらい続くの?)」という英語
「どのくらい続くの?」を英語で表現すると…
How long does it last?になります。
この場合の「last」って何?意味は「最後の」じゃないの?

 

 

 

 

 

「憂鬱」って英語で何て言う?これよく使うから知っといてね!
「憂鬱」は「淋しい」「落ち込み」と同じような意味です。
なのでよく使う言葉なので英語でも言えるようにしておきたい!
この「憂鬱」って英語で何て言うの?depressでいいの?

 

 

 

 

 

「蒸し暑い」英語で言うと、こんなにたくさんあるの?
「蒸し暑い」って英語で何て言うでしょうか?
実はたくさんの「蒸し暑い」という意味の英語があります
例文や英単語からその意味を見てみましょう

 

 

 

 

 

「きっと気に入ると思う」は英語で何て言う?日本語じゃそんな言い方してなかったけど…
よく「きっと気に入ると思う」という海外のシーンを見ます
これって英語で何て言っているんでしょう?
そもそも日本語でそんな言い方しないけど、どう解釈すればいい?


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about