冷夏 英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「冷夏」や「暖冬」は英語で何て言えばいいのか、教えて!

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回気になった英語は、「冷夏」「暖冬」についてです。
「冷夏」「暖冬」という言葉、日本人ならば意味はわかりますよね。
この言葉ですが…
「冷夏」を「夏冷」とは言いませんよね。
「暖冬」も「冬暖」とは言いませんね。
日本語にはちゃんと決まった言い方がありますよね。

 

では英語で「冷夏」「暖冬」はなんて言うんでしょうか?
英語にも決まった言い方があります。
でもその言い方を知らなければ、会話の中で話すことができません。
単語を並べて発音して、どれが正しいのか相手にわざわざ確認しなければなりません。

 

Sponsored Link

 

 

「冷夏」は英語で何ていうの?

 

「冷夏」は英語でどのように言うのか、
英語のフレーズの中で確認してみます。
音声英会話教材ネイティブイングリッシュのDay20「気候」では
次のような英語のフレーズがありました。

 

It's an unusually cool summer this year.
今年は冷夏です。

 

このように「冷夏」はcool summerというんですね。
また冷夏は他にも言い方があるようです。

 

  • cold summer
  • chilly summer

 

微妙なニュアンスの違いはあるようですが、
一般的には、「cool summer」と言いますよね。

 

 

 

「暖冬」は英語で何ていうの?

 

また「暖冬」の場合は「warm winter」と言います。
「warm winter」の他にも次のような「暖冬」の英語表現がありますね。

 

  • mild winter
  • hard winter

 

以上のような「暖冬」の英語があります。
他にも地域や場所によっては様々な言い方があるようですね。

 

ちなみに、mild winterの「mild」とは、【形容詞】で「温暖な」という意味です。
「mild」には他にも「温厚な」「まろやかな」という意味もありますね。

 

 

【まとめ】

 

・「冷夏」 = cool summer

 

・「暖冬」 = warm winter、mild winter

 

 

 

日本語の「冷夏」や「暖冬」はニュースで聞いたりして、
どんな意味なのかは理解していると思います。
また、よく理解できているからこそ、会話するときも言葉にします。

 

cool summerやwarm winterも知っていれば意味は理解できますが、
耳で慣れるまで聞かなければ、なかなか英語で話す時に言葉が出てきません。

 

 

英語を理解するには、まず耳で聞いて慣れることが重要ですね。
耳で聞いて慣れれば、発音できるようになります。
またネイティブの発音を練習することにより、キレイは発音で
話せるようにもなれるんですよね。慣れればいいだけなんですよね、英語って。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

「いつになく」は英語で何て言えばいいのか教えて!
「いつになく」という言葉、英語で何て言うんでしょう?
なかなか訳が思いつきません。
そんなときな、そんな意味を考えてみるといいかも?

 

 

 

 

 

crystal clearって英語、どういう意味なのか教えて!
英語でcrystal clearという言葉を聞きました。
これってどういう意味なんでしょう?
魔法の呪文?アイテム?意味を教えて!

 

 

 

 

 

「must-see」って英語の意味を、ちゃんと知っておこうって思った…
must-seeという英語を見たり聞いたりしたことありますか
英語の環境にいると、見たことあるかもしれません
このmust-seeはどういった意味なんでしょうか?

 

 

 

 

 

「some people say」って英語の意味、こんなにいっぱい訳し方があるんだね!
some people sayという英語、どれもカンタンな英単語です
この英語、どのように訳されているんでしょうか?
some people sayはいろんな訳され方があるようですね

 

 

 

 

 

raiseの意味は「持ちあげる」だけじゃない!「栽培する」「募る」という意味もある!
raiseは「持ち上げる」というような意味がありました。
でも、英語の文章を見たり聞いたりしていると、
どうやら他の意味として使われていることも多いようです。


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about