チェックアウト 時間 英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

チェックアウトは何時?英語で尋ねるには何て言えばいいか教えて!

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回気になった英語は「チェックアウトの時間を聞く」英語についてです。

 

ホテルに泊まったものの、「そういえばチャックアウトって何時だっけ?」って
思ったことってありませんか?
予約する時にチェックインの時間はちゃんと確認しておいたのに…
チェックアウトの時間までは見てなかったな~なんてことありませんか?
私は毎回そんなことがありますけどね。

 

Sponsored Link

 

チェックアウトの時間を尋ねる英語

 

チェックアウトの時間を尋ねるのは、英語で何て言えばいいでしょうか?
音声英会話教材ネイティブイングリッシュのDay67「ホテルでチェックアウト」には
次のような英語フレーズがありました。

 

What time do I have to check out?
何時にチェックアウトしなければなりませんか?

 

英語ではこのように言えばいいですね。

 

 

What time do I have to check out?について

 

時間を尋ねる場合の英語は…
What time ~?」になりますね。
これはカンタンですよね。

 

そしてここでは「I have to ~」という表現を使っています。
これは「~しなければならない」という意味ですよね。
「チェックアウトの時間は何時?」と尋ねるよりも、
「何時にチェックアウトしなければならない?」と尋ねるほうが英語の場合、自然です。

 

これは日本語と英語の感覚の違いがあるかもしれませんね。

  • 日本語的な考え方 「チェックアウトは何時?」
  • 英語的な考え方 「何時にチェックアウトしなきゃいけない?」

こういった英語表現の感覚に違いがあるんだと知っておく必要がありますね。

 

 

check out」は【動詞】として使われています。
ですのでここでは、「check out」=「チェックアウトする」となります。
日本語の「チェックアウト」は【名詞】ですよね。
英語の「check out」の場合だと、【名詞】も【動詞】としても使われるんです。
これも日本語と英語のちょっとした違いですよね。

 

 

【まとめ】

 

・「チェックアウトは何時?」=What time do I have to check out?

 

 

日本語の表現をそのまま英語にすればいいわけではありません。
日本語には日本語なりの表現があります。
英語には英語独特の表現があります。
それぞれ同じ意味であっても、よく使われる表現方法が違ったりするんですよね。

 

自然な英語を話せるようになるには、まず英語に慣れなければいけません
英単語の意味をいくらたくさん覚えても、英語は話せません。
英単語を覚えるよりも、まずは英語に慣れるコトなんですよね。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

「電話をかける」の英語!今と昔じゃやっぱ違うんじゃない?
「電話をかける」って英語で何て言うんでしょう?
英語ではいろんな表現があるようです。
call,phone,dail,make a callなど、どれがいいでしょうか?

 

 

 

 

 

「延泊したい」は英語で何て言うのか教えて!
「あ~もう一泊したいな~」なんて思ったことありませんか?
そんなとき、「延泊」したいなって思うんですが、
この「延泊」って英語で何て言えばいいんでしょうか?

 

 

 

 

 

「アイスコーヒーは日本だけ…」って、それウソじゃん!英語で何て言う?
「アイスコーヒーを飲むのは日本だけ…」そんな話聞いたことありますか?
アイスコーヒーは日本が発祥…って誰かから聞いたことありません?
それってホント?よく調べるとそれって違うじゃん!

 

 

 

 

 

「料金は〇〇ドルです」「~円です」って英語で言える?詳しく教えて!
これいくらですか?という質問に、「料金は100円です」って
英語でちゃんと言えますか?英単語でなく会話で言いたいですよね。
これが言えるだけでも、相手も自分もうれしくなりますよ

 

 

 

 

 

「これください」の英語、必ず覚えておきたい!いろんな言い方
買い物をするときに、「これください」っていいますよね。
これって英語で言うならば、何て言えばいいんででょうか?
これにはよく使われるいろんな言い方があるんですよね。

 


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about