焼く 英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「焼く」の英語はbake(ベイク)、grill(グリル)、もしくは?

【注目記事】 「それではずっと英語は話せません…」…その理由とは?

 

 

今回気になった英語は、「焼く」についてです。

 

私は料理でよくフライパンを使って焼く料理をつくります。
そういえばこの「焼く」って英語で何て言うんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

「焼く」の英語例文

 

ネイティブは英語で「焼く」をどのように使っているんでしょうか?
音声英会話教材ネイティブイングリッシュのDay75「レストランでの料理の注文」には
次のような会話がありました。参考にしてみようと思います。

 

What kind of dish is this?
これは、どんな料理ですか?

 

That is grilled duck.
鴨の肉を焼いたものです。

 

このように「焼く」は英語で、「grill」を使うんですね。

 

「焼く」という意味の英語

 

調理する場合の「焼く」という英語には次のようなものがあります。

 

  • grill
  • bake
  • roast
  • broil
  • toast
  • fry

 

「焼く」といっても英語にはいろんな表現があるんですね。
この焼くという意味の英語には、どんな違いがあるのか確認しておきましょう。

 

 

「grill」について

 

「焼く」という意味の英語、「grill」は日本語でも「グリル」と言いますね。
英単語の「grill」には次のような意味があります。

 

【英単語「grill」の意味】

  • 焼き網で焼く
  • 直火で焼く
  • グリル網で焼く
  • あぶって焼く
  • 鉄板で焼く

以上のような意味になるんですね。

 

ちなみにこの「grill」は、【名詞】で「焼き網」という意味にもなります。
また、スラングな言葉だと「私の個人的なこと」という意味もあります。

 

現在分詞だと「grilling」、過去形・過去分詞だと「grilled」ですね。

 

 

「bake」について

 

「焼く」の英語、「bake」は日本語だと「ベイク」と言いますよね。
英単語の「bake」は、次のような意味になります。

 

【英単語「bake」の意味】

  • (パンを)焼く
  • (お菓子を)焼く
  • (陶器を)焼く
  • (レンガを)焼く
  • (肌を)焼く

 

オーブンなど、熱伝導で蒸し焼きにする場合の「焼く」は、この「bake」になります。
また、焼くことによってカリカリや固まる場合には、この「bake」を使いますね。

 

現在分詞だと「baking」、過去形・過去分詞だと「baked」ですね。

 

 

roastについて

 

「焼く」という意味の英語に「roast」(ロースト)というものがありますよね。
英単語の「roast」は次のような意味になりますね。

 

【英単語「roast」の意味】

  • あぶり焼きにする
  • (肉などをオーブンなどで)焼く
  • ローストする
  • 直火で焼く
  • 焙煎する
  • (コーヒー豆などを)炒る
  • (芋や栗を)焼く

以上のような意味になります。

 

この「roast」は【名詞】としても使います。
「焼いた肉」「ローストビーフ」「ローストコーヒー」などの意味にもなります。
スラングで「roast」は、「大勢で一人を集中的にふざける」という行為のことです。

 

現在分詞だと「roasting」、過去形・過去分詞だと「roasted」ですね。

 

 

broilについて

 

「broil」にも「焼く」といったイメージがありますよね。
英単語「broil」は次のような意味になりますね。

 

【英単語「broil」の意味】

  • あぶって焼く
  • オーブンの直火で焼く

以上のような意味になります。

 

オーブンなど、上側の熱源で直接熱せられ焼く場合には「broil」が使われます。
アメリカではこの「broil」が一般的な料理での「焼く」という意味ですね。
これは料理の文化の違い、調理器具の文化の違いによるんでしょうね。

 

関連した言葉で「broiler」というものがあります。
これは肉をあぶり焼きにする調理器具のことですが、それに適した食肉用の鶏の品種でもあります。

 

現在分詞だと「broiling」、過去形・過去分詞だと「broiled」ですね。

 

この「broil」に似た言葉に「boil」があります。
英単語の「boil」は「ゆでる」「煮る」「沸かす」といった意味になります。
「焼く」という意味ではありませんね。「boiler」は「ボイラー」になりますよ。

 

 

toastについて

 

食パンを「焼く」場合は「toast」(トースト)という言葉を使いますよね。
英単語の「toast」は次のような意味です。

 

【英単語「toast」の意味】

  • こんがりと焼く
  • きつね色に焼く

以上のような意味になります。

 

この「toast」は【名詞】として、「焼いたパン」「トースト」にもなります。

 

現在分詞だと「toasting」、過去形・過去分詞だと「toasted」ですね。

 

 

この英単語の「toast」にはまったく違う意味もあるんです。
【名詞】では、「乾杯」「乾杯の言葉」、
【動詞】では、「乾杯する」「祝杯をあげる」
以上のような意味もあるんですね。

 

 

fryについて

 

英単語に「fry」という言葉があります。
これって「フライ」なので意味としては「揚げる」になりますよね。
でも、「フライパン」は英語で「frying pan」になるんですよね。

 

【英単語「fry」の意味】

  • 油で炒める
  • 油で揚げる

以上のようなものになります。

 

【名詞】の「fry」ならば、「炒め物」「揚げ物」「フライドポテト」の意味になります。

 

衣をつけて油で揚げる場合には、「deep-fry」になります。
「fry」は単純に油で炒めることなんですよね。
日本語の「フライ」とは、少しニュアンスが違うんですね。

 

ちなみに「fry」と「fly」は違う言葉です。
「fly」は、「飛ぶ」「ハエ」といった意味になりますよ。
「fly」にも「揚げる」という意味はありますが、その場合は「凧を揚げる」という意味になります。

 

現在分詞だと「frying」、過去形・過去分詞だと「fried」ですね。
三人称単数や複数形だと「fries」になります。

 

 

【まとめ】

 

・調理する「焼く」という意味の英語

 

  • grill 焼き網で「焼く」
  • bake 蒸し「焼き」にする
  • roast あふって「焼く」
  • broil 直火焼きにする
  • toast こんがり焼く
  • fry 油で炒める

 

 

このように調理する場合の「焼く」にはいろんな英語表現があります。
調理以外での「焼く」という意味ともなればもっと英語表現があります。

 

こういった英語表現の違いは比べるとわかりやすいですよね。
でも、英語での会話で使い分けするようになるためには、
ネイティブの英語を聞いて、そして自分でも発音してみることが大切です。

 

英語の表現は頭で理解するよりも、慣れたほうが断然話せるためには役立ちますよね。

 

【人気記事】 「もう無理かも…」と思った私が、英語を話せるようになったカンタンな方法

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

 

関連コンテンツ

関連記事

「席を変更したい」 英語フレーズの役立つ11つの表現!
レストランや飛行機など、席を替わりたいときってありますよね。
そういう場合って英語だと何て言えばいいでしょうか?
いろいろ役立つ11つの英語表現を覚えておきたいですね。

 

 

 

 

 

「注文いいですか?」の英語は?必ず覚えておきたい6つの英語表現
レストランで注文するとき、何て言ってますか?
「注文いいですか?」といいますが、これは英語で何て言うでしょう?
英語での代表的な6つの表現は覚えておきたいですね。

 

 

 

 

 

「眺めのいい席」は英語で何て言えばいいのか教えて!
「眺めの良い」は英語でならば「nice view」になりますよね。
では「眺めの良い席」は何て言えばいいんでしょうか?
英語のいろんな表現も確認してみたいと思います。

 

 

 

 

 

「お腹ペコペコ」って英語で何て言うのか教えて!
空腹の場合にはhungryという英単語をよく使います。
でも「お腹ペコペコ」という場合にはhungryではないんですね。
いろんな「お腹ペコペコ」の英語表現を調べてみました。

 

 

 

 

 

「あと30分かかります」英語では何て言えばいいのか教えて!
「あと30分かかります」は英語で何て言いますか?
「30分かかる」ならばわかると思いますが、
それに「あと」という表現が加わります。これを英語で言うと…


トップページ 体験談 サンプル音声を聞く about